コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

不調のときは、できることからやってみる

最近、走ってるネタしか上げてなくてすいません。笑 プロジェクトの話もちゃんと書きます、、、、、 とはいえ、最近走ることで「あっ!これいい!」と分かったことがあって、それは大会に出るためにいろいろな地域へ行くようになるということ。 10月は10kmの…

木幡、3000m走るってよ。

4年半ぶりの復帰戦。

On your mark.

On your mark. スターターの声とともに、スタートラインに左脚を出す。そのとき、時が止まったような静けさに包まれて、緊張感は増す。 スタートしてしまえば、もうあとはゴールまで400mトラックを何周かして走るしかないんだ。それでも、あの一瞬はいろんな…

21歳も悩む、リーダーとは

こないだ、とある中学生のワークショップのファシリテーターをやってきた。 今年で6回目になるようで、僕が参加するのは大学2年生以来の2回目。ざっくりとした主旨としては、リーダーとは何だろうかということを深めるための合宿のようなもの。 2年前に参加…

調子がいい時ほど休むことを考える

8月第2週のワークアウトが終わった。 【8月第2週】 ・7日(月) 1時間ジョグ 13.02km ・8日(火) 休養(大雨) ・9日(水) 1時間ジョグ 16.13km 69'11" ・10日(木) @仙台市陸上競技場 3kmジョグ+1000(3分20秒)×3(休憩7分)+4kmジョグ(4.2km) Result:3'22"-3'21"-…

僕が走ることで見たい景色

走る日々が、1ヶ月半になった。 8月は月間走行距離を250kmを目標に走っている。 (10日現在、102.13km) 週1回、ポイント練習を行う仙台市陸上競技場 大学、活動、陸上長距離の3つを同時に一人で管理することは案外大変だ。 スケジュールの合間を縫って走るこ…

あの日から5年が経つ

8月がやってきた。 あれから5年が経つ。 2012年8月4日。 あの日を境になにもかも変わった。 一番調子が良い時だった。 良かったからこそ、一瞬にして崩れた。 400mトラックを2周残した時、右脚が動かなくなった。 トラックを12周半走るうち、あと2周まで来て…

1ヶ月走って、気づいたこと

本格的に走り始めて1ヶ月。 目標の月間200kmを超えて、 < 203.37km >になりました。 きょうはもともと休養の予定なので、きのうが今月最後のワークアウト。 仙台で底上げの矢部さんとジョグ。 と思いきや、コボスタと陸上競技場の周りを3周勝負。 きょうは…

先を見せてくれる人の存在

思うと、僕の周りには中学生くらいの時からずっとずっと 先を見せてくれる人たちがいてくれた。 夢というか、希望というのか。 そういった類の人たちだと思う。 それがきっと、中学生のときにはアナウンサーという職業の人たちだったのだと思うし、高校生に…

ええいっと踏み出せば、面白くなるのに。

朝7時半、若干のだるさと共に目を覚ます。 だるさといっても、前日走った分の疲れが残っていてくらいのものだけど。 朝は起きるだけでも辛いのに、きょうは朝に1時間走ることにしていた。 身体もだるいし、起きたくないし、当然走りたくなんかない。 でも、…

相談のってください

自分のなかでずっと自信を失っていた。 好きなことを仕事にしたい。でも、今のこの自分にそれができるんだろうか。 この2年間、もがいて何もできなかった人間が大学をのこり1年足らずで卒業するまでに今やっている活動を仕事にできるんだろうか。 淡い期待は…

背中を押すひとになるということ

昔、陸上部で走っていたころ、キツイ練習で遅れそうになったときに、 先輩が「もう少しがんばろ。」って言ってポンっと背中を押してくれた時があった。 息もゼエゼエとなっていて、もうやめたいと思うんだけど、どうしてかそんなことを言われるともう少し前…

走り出した夏

7月になりました。 下半期はどうなるんだろうねと、期待も不安も込めながら話していた6月が終わって、新しい月が始まって1週間が過ぎた。 先月まで思い悩んでいたのが嘘のように、僕は新しいことを3つ始めた。 大学生と高校生が集まる場 ひとつは、前から言…

近所のお兄ちゃん。

『木幡さんって近所のお兄さんみたいですよね。お兄さんっていうか、お兄ちゃん?』 最近、年下の子たちから頻繁にそんなことを言われる。 接してる子たちが自分の妹と同じくらいの年だから、たしかにそうかとは思うけど、去年の自分だったら果たしてそれを…

諦めてもいいと思ってたボクを変えてくれた、ある人の言葉

友達がやっている小料理屋に、仕事がひと段落ついて行ってみると、あるおじさんに出会った。 その人は近所に家があり、この店に初めて入ってみたのだという。 僕がそのおじさんと話し始めたときには、すでにかなり酔っていた。 おじさんと言っても、出で立ち…

1年くらい前から思っていたこと

1年くらい前から思っていたこと。 僕はこのままずっと若者を応援する活動を仕事にするんだろうか、それとも全く違うことをやるんだろうか、ということを考えてきた。 ここ1年くらい、ずっと想いが乗らない感じが続いていた。 思い切ってある人に相談してみた…

ラジオに出会って見える景色が変わった

1年間回してきたものが終わった。 うちの研究室が毎週1回、コミュニティFMで流している番組の現・4年生担当期間ではラストの収録がきょうあった。 そっか、1年経ったのか。大きい感動を感じるわけでもないけど、ふと気づけば終わるのかというストンとした感…

ぼくのマイプロ・中学編

思い返してみると、中学、高校、大学で一つずつ形を残してきてる。 僕が初めて自主的にチームを組んで『創る』ということに挑んだのは中学2年生、2009年。もう8年も前のことだ。 中学1年生、木幡少年はアナウンサーになることを夢見た。 中学校に入ってすぐ…

それって、努力をして好きを勝ち取ったのか?

最近、思うところがあり整理のために書きます。 1月に、こんな記事を書きました。自分には物欲がなくて、正直ゆっくり好きなことをやって暮らせたらそれでいいやって、周りの人たちと楽しく過ごせたらそれでいいんだって。 kohatanokotoba.hatenablog.com で…

キミはこれからどう生きていくの?

大学4年になって、9月がくれば22歳になる。高校生の頃に言っていた意識高いこうなりたいだけでは、ワケが違ってくる歳だと切実なことを思っていて。 あと1年もすれば、周りの友達はどこかの会社に入って働くようになる。正確にいえば、ぼくだって何らかの生…

スタートダッシュ、その後

今日で、再始動から10日を迎えました。 1週目はがんばるぞ!という気持ちでスタートダッシュを切りましたが、先週の土曜日を境になかなか気持ちを保つのが難しくなっています。 高校時代、長距離を走っていた時もそうでしたが、最初の1kmは余裕があるので速…

『ジブンゴト』に込めた想い

今週の月曜日から再始動し始めました。 公式Webはこちら→ https://tohokusae.wixsite.com/tohokuengine 再始動から3日 日常の生活は変わらないけど、クラウドファンディングのお願いメッセージを多くの人に送るたびにとても応援してもらって「ああ始まったん…

すごい僕、やめます。

「仙台で一番すごい」とか「すごい大学生」と言われることがたまにある。 周りからみるとバリバリやっててできるみたいなイメージなのかもしれない。 今までぼくもそういうバリキャリ!エリート!すごい!みたいな像で見られたい欲求もあったので、そういう…

で、コハタどうするの?大学4年になったけど

新年度です。 気合いを入れに入れまくった2016年も2016年度も終わって、遂に2017年度がやってきました。 (結局、ブログ戻ってきました。) 2016年度はこんな4月から始まり、前が全く見えない霧の中を歩いてきました。トンネルの中を歩いてる感覚は2015年くら…

基本に戻ることが実は一番難しい

今週、立て続けにミスを犯してしまい、かなり不調だった。同時に体調も崩れるし、メンタルも久しぶりに落ち込んだ。 やはり今の自分はやるべきことだけに集中したほうがいいんだろうか、今の環境が辛いと自分をネガティブに追い込んでいくような思考になって…

あ、ぼく物欲がない。

2017年にやりたいことを書き出していて、僕はあまり物欲がないことに気づいた。 これといって欲しいものがない。 車が欲しいとも思わないし、高級なモノが欲しいとも思わない。オシャレができる服があれば満足だし、それらだって高級なものというよりは、ア…

結果を出せない時期に学べること

「木幡さんってそういう視点があって、俺とは違いますよね」と後輩と話していたときに言われた。 後輩と話していたときに、あるコミュニティで活動している高校生、大学生が結果を出せてなくない?という話を言われた。そのときに、僕は結果を出せていなくて…

安心できる空間をつくっておくこと

結果だけを追い求めるようになってくると、次第に自分が縛られていることに気づく。 仕事をする上で結果や成果というのは大事だし、自分がやりたいことを創っていくためには、やはり結果を残さないといけないのは事実だと思う。しかし、結果だけを求めていく…

新しい、を創る年へ

あけましておめでとうございます。 2017年が始まって3日目です。 僕はというと、元旦からニューイヤー駅伝、箱根駅伝と走る人たちを見ながらこたつで餅を食べながら過ごしてました。 ちなみに、年末に体調を崩したので、約1週間家に引きこもりです。当然、太…

2016年の振り返り

今年が終わる。 混沌としていた。 良いとか悪いとかではない。 成長できたことも、楽しいと思ったことも、どうして動かないんだろうともどかしいと思ったことも、嫌だと思ったこともそれぞれある。 しかし、その混沌があったからこそ、混沌を乗り越えて、自…

人を切り捨てていたのは自分に自信がなかったから

この人は価値観が違ってきたな。この人のこの話に影響されたくない。 そうやって、昔から他人を切り捨ててきた。 聞こえが良く言えば、自分の価値観がはっきりしているとも言える。でも、違う。 今まで、自分がいろんなことに巻き込まれたくないから違うと思…

妥協できないのは、出会ったしまったから

どうしてか、昔からこれだ!って思ったものは妥協ができない。 他の人ならいいんじゃない?って思ってしまう場面で、つい頑張ってしまう。 もっと良くしたいって頑張る。 どうして、そんな夢中になって取り組めるの?ってよく聞かれるけど、実のところよく分…

大学1年から2年までに出会ってよかったと思う3つのツール

僕が大学1〜2年までの2年間、大学の外で活動して良かったと思うことはITやメディアに関するリテラシーが高い人たちと仕事ができたことです。 当時は知っているだけであまり使えていなかったけど、最近やっと使いこなせるようになってきて、研究室で仕事をす…

自分は何もできない、そう気づけて僕は良かった。

2016年が気づけば残り1ヶ月半。 結果を出す。そう思って始まった僕の今年はどんなだったろう。 4つのトピックで今年の今までと、残り1ヶ月半で達成したいことを書きたいと思う。 [目次] 突然、何も見えなくなった。 「学生」に戻って見えたモノ 修行して世界…

信じていたことが、実は今の自分に合わなくなっていたりする。

自分はそうなると信じてやまなかったことが、自分でも知らないうちに興味を失っていたということがここ数年いくつかある。 思い浮かべているだけなら、思い続けることができる。フワフワと。 でも、自分が悩んでいることをノートにツラツラと書き記していく…

高校生は何を求めているんだろう。

きょうは高校生とともに過ごしていた。 学校の話だったり、進路の話だったり、友達関係だったり、恋愛だったり、1日でいろんなことを話していた。 最近、僕も立ち止まってみて思っていた。結局、みんな何を求めているんだろう。 活動をしていたころは、これ…

だから僕は修行する。

結局、僕がやりきったと感じていることは3年間でそんなになくて。 3年間というより、中学生の頃からそうなのかもしれない。 中学2年のときに立ち上げた新聞のプロジェクトは、編集長をやっていたけど、途中でバレー部に移ってしまった。

宮城大・風見先生と高校生が考える『まちづくり』についてのイベントを開きます!

ーーー宮城大学風見研究室facebookページよりーーー 【オープンキャンパス ゼミ展示のご案内】 「自分のまちを盛り上げたい!」というけれど、僕たちはどうやって盛り上げることができるんだろう? 大学では何が学べるんだろう。 高校生の自分が今できること…

カオスな"約"大学1年生の会を開きました。

2016年、後半がスタート。ここから巻き返しだ!と意気込む大学3年生です。 折り返し地点を回って、初日の7月1日は”カオス”な『”約”大学1年生の会』を開きました。笑 掻い摘んで説明すると『仙台に集まる大学1年生どうしで繋がってお互いを知ったり、悩みを語…

浪江に行って感じたのは「見てきたようで見たことがない景色」だった

今月11日、僕は福島県浪江町にいた。浪江出身の後輩が開いてくれたツアーに誘われて、参加した。 高校3年の冬に南相馬市小高、大学1年の冬に広野町に連れて行ってもらった経験があったから原発の近くに行くのは今回が3度目だ。 帰還困難区域のバリケードが設…

『動き続ける』よりも『流れ続ける』ことを意識することが大切

お昼に大学で後輩とすれ違ったときに「楽しそうですね。笑」と言われた。 さっき交差点で久しぶりに会った友達からメッセージで「前より雰囲気静かになったね。激しくなかったよ。」と言われた。(『凛としてきたね』ということで勝手に解釈している笑) たし…

「地域」が先か、「人」が先なのか。

最近の、モヤモヤ。 自分がやっていることを説明するとき、1つに絞りきれない。 『地域を盛り上げる』ことをしたいのか、『人を応援する』ことをしたいのか。 自分のなかではひとつになっているつもりでも、実際に他人に説明するときにはバラバラになってし…

武者修行

大学3年生になって2ヶ月が過ぎた。 大学生という期間も折り返し地点を過ぎて、いよいよ後半戦に入ってきた。大学4年間を42.195kmに例えると、マラソンは30kmからが未知の領域というけどやはり4年生は未知なのかもしれない。 しかし、30kmから…

いったい自分は誰なのか。自分は真っ白なんだと思う。

『お前は誰なんだ。そういうところが伝わってこない。』 ある人から急にそんなことを聞かれる。答えられそうで、咄嗟に答えが出てこない。他人より自分を深掘りしていたつもりだったけど、自分は結局何者なのか言葉にしようとすると詰まってしまう。 しばら…

自分の言葉になっていないなら、自分の言葉にできるまで向き合えばいい。

今まで、誰かに自分のやりたいことを話すときに自分の言葉になっていないことが怖かった。 「想像できない。」って返されること、「意識高いだけじゃん。」って言われること、「本当にやりたいことなの?」って突かれるのが本当に怖かった。 だから、自分の…

キミはこの一言に懸けることができるか

あした、ゼミで自分が立ち上げるプロジェクトについて発表する。 きょうはそのためにパワーポイントでスライドをつくる作業に勤しんでいる。偶然、過去のtwitterを見ていて思い出したものがある。1月に自分の活動についてプレゼンしたときの話しだ。 プレゼ…

こはた家Vol.3開催しました!

新企画の名前は何がいいか…。どうせならふざけたアイディアを出そう。 そうやって、モクモクと考える。うーん、ふざけたアイディアなんて出ないぞ…。木幡家なんてどうだ…。と、出してしまったのがそもそもの始まりだった。 まさか、新企画の名前になると思っ…

悩むことって悪いことなの?

先日、『「丸くなったね」その一言に僕は縛られていたんだ。』というブログを書いたところある高校生が僕に直接メッセージをくれた。 僕は用事があったので、メッセージが来た直後はさらっと内容を把握して「あとで返すね」だけと返信した。 その後、しっか…

愛があるからこそ、全力を出せる。

今週に入って熱量が急に高まっている。 おとといゼミの新入生歓迎会があった。 3年生が覚悟を決める場として、ひとりひとりこれからの抱負を語った。 友達がとても素敵だなって思う言葉を言った。 「先生のいう『愛』という言葉が好きでここに入りました。」…

「丸くなったね」その一言に僕は縛られていたんだ。

『木幡って前に比べて丸くなったよねー。』 高校生の時からの同じフィールドで活動してきた人たちと焼肉を食べていたときに言われた言葉だった。 先に断っておくが、体型ではない。たしかに、陸上競技をしていたときよりは丸くなっているが。 高校生のときの…