コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

人を切り捨てていたのは自分に自信がなかったから

この人は価値観が違ってきたな。この人のこの話に影響されたくない。 そうやって、昔から他人を切り捨ててきた。 聞こえが良く言えば、自分の価値観がはっきりしているとも言える。でも、違う。 今まで、自分がいろんなことに巻き込まれたくないから違うと思…

妥協できないのは、出会ったしまったから

どうしてか、昔からこれだ!って思ったものは妥協ができない。 他の人ならいいんじゃない?って思ってしまう場面で、つい頑張ってしまう。 もっと良くしたいって頑張る。 どうして、そんな夢中になって取り組めるの?ってよく聞かれるけど、実のところよく分…

だから僕は修行する。

結局、僕がやりきったと感じていることは3年間でそんなになくて。 3年間というより、中学生の頃からそうなのかもしれない。 中学2年のときに立ち上げた新聞のプロジェクトは、編集長をやっていたけど、途中でバレー部に移ってしまった。

いったい自分は誰なのか。自分は真っ白なんだと思う。

『お前は誰なんだ。そういうところが伝わってこない。』 ある人から急にそんなことを聞かれる。答えられそうで、咄嗟に答えが出てこない。他人より自分を深掘りしていたつもりだったけど、自分は結局何者なのか言葉にしようとすると詰まってしまう。 しばら…

自分の言葉になっていないなら、自分の言葉にできるまで向き合えばいい。

今まで、誰かに自分のやりたいことを話すときに自分の言葉になっていないことが怖かった。 「想像できない。」って返されること、「意識高いだけじゃん。」って言われること、「本当にやりたいことなの?」って突かれるのが本当に怖かった。 だから、自分の…

愛があるからこそ、全力を出せる。

今週に入って熱量が急に高まっている。 おとといゼミの新入生歓迎会があった。 3年生が覚悟を決める場として、ひとりひとりこれからの抱負を語った。 友達がとても素敵だなって思う言葉を言った。 「先生のいう『愛』という言葉が好きでここに入りました。」…

「丸くなったね」その一言に僕は縛られていたんだ。

『木幡って前に比べて丸くなったよねー。』 高校生の時からの同じフィールドで活動してきた人たちと焼肉を食べていたときに言われた言葉だった。 先に断っておくが、体型ではない。たしかに、陸上競技をしていたときよりは丸くなっているが。 高校生のときの…

「160キロ投げれるのに、130キロしか投げないのは相手をバカにしてますよ。」と言われて気がついた僕の弱さ

『160キロ投げれるのに、130キロしか投げないのは相手をバカにしてますよ。』 彼がいった言葉に僕は鋭さと嬉しさを感じた。 ミーティング終わり。ファミレスに僕たちはいた。 ミーティングのときに僕が「山本って上から目線だよね。いつも自分がいいところを…

信頼ってなんだろうね。

この前、チームのメンバーでmtgをしているときにひとりがあることを言った。 信頼ってなんだと思いますか。 大学に入ってからの2年間、遅刻癖がつき呆れられてしまっている木幡はまさに… 『何も言えねぇ。』 ついに後輩にまで説教されるようになってしまった…

怖いまま、やる。

怖いからやらない。怖いけど、やる。怖いままやる。 ある人から3つあると聞いたことがある。 今の僕は「怖いからやらない。」で立ち止まっていた。 他人から何か言われるんじゃないか、笑われるんじゃないか、怒られるんじゃないかって。 だから、立ち止まっ…