コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

カオスな"約"大学1年生の会を開きました。

2016年、後半がスタート。ここから巻き返しだ!と意気込む大学3年生です。

 

折り返し地点を回って、初日の7月1日は”カオス”な『”約”大学1年生の会』を開きました。笑

 

掻い摘んで説明すると『仙台に集まる大学1年生どうしで繋がってお互いを知ったり、悩みを語り合ったり、いろんな情報を共有し合おう』というゆるい会です。

 

大学3年生の僕がなぜ『大学1年生の会』?と思われるかもしれません。 その通りなんです。実際、僕以外は大学1年生でしたから……。

 

事の発端は、先月20日に大学1年の子とLINEをしたときに「最近どう?」と聞いたことでした。その子は高校の頃から活動をしている子で、高校生のときは地元で見てくれたり、いろんなイベントを紹介してくれる大人がいたけど、大学生になって仙台に来てからはなかなか地域と関わるというチャンスがないと話していました。

 

そういえば、せっかく高校のときから活動してきた人たちなのに、お互い繋がらないことで悩むのはもったいないなぁと思い開くことへ至りました。そして、呼びかけた様子がこちら。

 

https://www.facebook.com/masato.kohata/posts/1087768937969941?pnref=story

f:id:kotoba580:20160702155012p:plain

 

人数は5人くらいがいいねということで、そんなに集まらないだろう…と油断していたのですが、気づけばすぐに行きたいです!という人たちが集まり結果6人で開催しました。

 

はい!こんな感じ。笑

 

 

(集合写真撮るの忘れてた…)

 

結果的に、同じ大学に通っているけど今まで知らなかった!という人たちが繋がったり、地域と関わる活動の情報を知るきっかけになったり、僕の恋愛を根掘り葉掘り聞かれたり……。とっても楽しかったです。

 

2人くらいと熱が入って語ったのは「大学1年生のこの時期って大学がつまんなくなってきますよね。」っていう話。やっぱり自分だけじゃなくて、他の人も思っているんだなぁと感じました。学校に行って、これって自分のやりたいことなんだっけ?って思うことの授業を受けて、バイトに行って、淡々と毎日が過ぎていく。これでいいんだっけ?ってなってくると。

 

実際に話していると、いろんな考えがあるんだぁと知れました。

 

繋がるだけでなく、動きたい!と思っている人たちがもっと語って、行動にしていけるように小さくでもコミュニティを作っていきたいなぁと思っているので、今度は夏休みくらいに温泉旅行がてら自分を深掘りする合宿をやろう!ってことに決まりました。4人くらいでやります。