コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

ソーシャルプロデューサーってエンターテイナーだなって思ったこと。

ねこも歩けばなんとやら。そんなことわざはない。
https://instagram.com/p/7pNEGyH1Ru/
ねこー!!! #かわいい #ねこ #目が大きい #大きさ #わけて

きょうのコハタのコトバは『ソーシャルプロデュース』という言葉について。

きょうふと思ったことがあったんですが、僕がやることって実はエンターテイメントなのかもしれないと思いました。

最近はどうやったら多くの高校生がアクションを起こすだろうかと考えをめぐらせてたんですが、そこに難しいロジックはなくって単純に面白いから。
http://www.flickr.com/photos/47149893@N07/9827093964
photo by Kelly Hunter
そこに気づいたとき、僕はいままで人と人を繋げることで社会教育事業をやりたいなんて言ってたけど、そんな大層なもんじゃねーなって思った。

きのうの記事でまずは僕がかっこよくなりたいって書いたけど、この人面白いっていうのがあるともっといいなーって。

だから僕は教育じゃねーんだなって思う。人材育成でもない。

ソーシャルプロデュースって社会に良いことをとか真面目にそんなことを思いがちだけど、人を巻き込むことが仕事なら面白くておしゃれなことしなくちゃね。

だから僕、どんどん面白いことやってっちゃうよ。

http://www.flickr.com/photos/84172943@N00/10393413846
photo by Daniel Y. Go
僕は昔、アナウンサーになりたいと思ったときに次第にメディアの問題を解決したいと思った。

マスコミで伝えられる話がアナウンサーが読んでるだけとか、一部のことしか伝えてないとか、政治を取り上げるときの質の話とか。

どうやって解決するの?ってなったときに番組の内容をとか、アナウンサーが意見を話すとか、政治でも明るい話題を取り上げるとか、プロデュース側の話が多かった。

ただ、プロデューサーは裏だからやだって思ってアナウンサーになりたかった。目立ちたかった。

ただ、それだけじゃつまらないから、バラエティーも充実させると良いよねっていうのが持論だった。
http://www.flickr.com/photos/94334030@N00/231011361
photo by Capture Queen ™

僕はアナウンサーになりたいという目標は昔になくなってるが、やっぱりその問題に挑戦してる気がする。


誰だって最初はこうしたいとかじゃなくて、面白いから仲間がほしいからやってくる。

社会よくするとかっていう難しい言葉の前に、目の前の子を笑わせられるか。笑顔にできるか。

だから、僕はやることは教育じゃなくてメディアだし、エンターテイナーだと思う。
http://www.flickr.com/photos/83435112@N00/2445645777
photo by Carito Orellana