コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

流れは乗るんじゃなくて、流れをつくらないとやってこない。

風邪をひいてから3週間…。そのころから、いやその前から僕は『なんだか上手くいかないことがあるなー』と想うと、まぁなんとかなるかー流れに乗ればいいかと仕事を次の日に回してしまったりすることがある。

 

野菜コンソメリゾット プリムス

www.flickr.com

 

割と最近は、元気なように人前ではするけど、自分のなかでは何も行動できなかったり、モヤモヤしたり。

 

僕は調子がいいときは自分の意見を話せるんだけど、調子が悪くなると他人の意見に寄りすぎてしまったり、占いを信用しすぎたり(笑)。

 

流れに乗るということはたしかに必要だと思う。無理をして、自分の器を超えてしまうのも良くない。

 

けれど、今の自分が流れに乗る以前に行動をしてるだろうか。なんだか、落ち着きすぎてるんじゃなかろうか。

 

流れに乗るためにも自分が動かず待ってるだけじゃ流れはやってこない。

乾杯しながら注ぐ

www.flickr.com

自分から流れを創るくらいの気合がないとやっていけない。動きたいと思うことをやっていく。

 

言葉を変えると…流れには乗るもんだと思うが、『流れが来てるきてる。』と言ってるだけで、結局臆病になって岸辺から眺めているだけ。

 

自分から立ち上がって、歩き出そう。

 

今日は流れというよりも、強風が吹き荒れている。これは来ているのだろうか…。

 

落ち葉  

www.flickr.com