コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

僕だからできるを創る。その先へ。

1年前の今日。僕はブログにこう書いた。

 

きのうは、仙台で風見先生(僕が高校のときからお世話になっている大学の教授)のイベントに参加した後輩が「宮城大学に入りたいけど、県外にも出たい」と相談をしてくれました。

相談を受ける度に僕から言えることはただ一つだと思っています。

「自分だからできることを見つけなよ。」

 

だから、僕は自分にも誰にでも言います。「自分にしかできないこと創りなよ。」

僕だからできるを創る | コハタのコトバ

 

 

狙っていたわけではないし、本当に偶然だったが、今日10月6日に仙台法務局で東北ソーシャルアクションエンジンの一般社団法人登記設立申請を行ってきた。まさに『僕だからできる』を創る。

 

無事に登記が完了すれば10月6日が法人設立日になります。

 

夜には山本と2人で本当に小さくだが、立ち上げパーティー&出会って1年会をやってきた。

 

またここからスタートだ。一歩一歩進んでいく。

 

夜に山本と話していて、出会った1年前から二人とも言うことが変わらないなぁと感じた。

 

僕は『東北を熱くしたい』とずっと言ってるし、山本は『世界の都市を旅したい』と言っている。

 

この1年、とっても楽しかった。決して無駄な時間ではなかったと僕は感じている。

 

でも、言葉では泥臭くと言っていても、それを行動では真逆のことをしていたことが多々あったと思う。

 

そういうところが本当に悔しい。

 

 

もっともっと多くの人を巻きこんでいきたい。本当に高校生から東北を熱くしていきたい。

 

山本と出会った1年前。2人でお互いに話したビジョンに向けて、スタートラインから走り始めた今日。

 

僕が今日帰り際にかけた言葉は『これから10年間よろしく。』

 

1年前初めて会った時、この先一緒に仙台をリードしていくような存在になるかもしれないと思っていたけど、1年かけていい距離感でお互い自分の持ち場があるからとっても良いなぁと思う。

 

自分の脚で歩いてく。

 

kohatanokotoba.hatenablog.com

 

=======================================

◯10月17日(土)に第1弾イベント開催します!

 

「もっと楽しい授業になったら…」「授業ってなんで受けなきゃいけないの?」という想いを高校生なら一度は思ったことがあるはず。僕も高校の頃思ってました笑。そして、今までの先生の話を聴くだけという授業からは学校は変わりつつあります。自分の進路・やりたいことを考える時間、ディスカッションやフィールドワークを加えて自発的に学んでいく環境など多くのものが導入されはじめています。しかし!そうなったとき、数学や理科、国語など学校だからこそ学べるものはどうなるの?そして、先生の役割は何をすること???今回は実際に教育のフィールドで動く方々と高校生がガチトークで『学校の未来』を語ります!
 
◯ゲスト
 
山崎賢治さん(NPO法人ハーベスト代表理事)
 
松本文弘さん(宮城県教育委員会スポーツ健康課課長、前泉館山高校校長)
 
◯イベントタイトル『先生の役割って何なんだ?』
 
◯開催 10月17日(土)18:00〜20:00
 
◯場所 調整中
 
◯内容・タイムライン
 
18:00 オープニングトーク・ゲスト紹介
 
18:05 参加者の自己紹介(グループごとに)
 
18:10 ゲストのお話をきく時間(15分x2人)
 
18:40 質問タイム
 
19:00 ワークショップ『学校の悩み・こんな先生がいたら!』
 
19:40 シェア
 
19:50 感想
 
19:55 まとめ
 
20:00 終了(21:00までは自由に話せる時間にします)
 
◯対象・定員 高校生(でも、大学生も少しだけオッケーにします!僕に連絡をください)20名程度
 
◯申し込みフォーム 作成中
 
◯参加料 600円(ごはん代)
 
◯主催 一般社団法人東北ソーシャルアクションエンジン