コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

今日は自分のことが分からなかった。

自分の長所や短所、強みや弱み。自分で答えられるはず…。

 

大学の授業で自分のキャリアについて考えることがあり、その中で今までの人生で成功してきたと思うこと、失敗したと思うことを書いていく時間があった。

 

https://instagram.com/p/8haMpXn1Zi/

 

『コハタのコトバ』だけあって僕はブログで自分の思っていること、過去歩んできた路について書くことが得意なはず。しかも、1ヶ月前には女川で2日間缶詰になって自分の人生を振り返ってきたばかり。

 

それなのに、自分が体験してきた『成功』と『失敗』が素直に出てこない。

 

 

例えば友達が『宮城大学に入学』したことが成功と書いているのに、自分にとってそれが成功なのか失敗(少なくとも失敗ではないが)なのかぼんやりしてしまう。

 

実は最近はブログを再開してようやく持ち直してきていたけど「なんか足りないなー」と悩んでいた。

 

自分の中身について言葉が出てこなかった瞬間、僕が最近忘れていたものに気づいた。

 

 

自分をさらけ出して表現すること、素直に自分の尺度で感情を表すことを忘れていた。

 

他人(はこう思うだろうという)目線でこれは成功か失敗かとか、自分はこうじゃなきゃいけないという虚像を勝手に創り出していた。誰からも注文されていないけど。

 

最近それが顕著だなと思ったのが、法人立ち上げの話をブログで発表してから。

 

どこかから求められていたような言葉を出すことが多かった。

 

考えてみると、このブログは自分を全面に出していいブログなのかなーと思う。僕は利他的なことをしたいわりに、超利己的で承認欲求が強くみんなに見てもらいたい。

 

 

だから、どこかでそれは折り合いをつけなきゃいけない。とはいえ、現状自分を出さないというのもやっていけない。そうなると、ブログくらい自分を全力で出してもいいんじゃないかなと思う。

 

実は、最近PV数にこだわっていないのもそこらへんにあって、見られるかより自分の思想をどれくらいここに蓄積していけるかということのほうがこのブログでは重要だと思う。

 

結局は自分自身が言葉を発していかなかったら、何も起こらない。良いことも悪いことも。

 

けど、言葉を発するからこそ楽しい。

 

https://instagram.com/p/71uMMJH1fY/

 

 

そして、9月27日の20歳の誕生日までに書くと言っていた木幡真人を表す20のキーワードをまだ完成させていない。どころか、たった3つしか書いていない。

 

自分の考え、自己認識をするからこそ、僕はメッセージをだすことができる。

 

自分と向き合い続けることが大事と今日は学んだ。

 

kohatanokotoba.hatenablog.com