コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

仙台を学生が盛り上げる祭り?!クラウドファンディング挑戦ラスト6日に懸ける『学魂祭』の想いとは。

なんだって?!仙台を学生が盛り上げる祭りなのに木幡がいないじゃん!仙台の大学生といったら木幡真人でしょ!と嫉妬したとかしなかったとか。(運営のみなさんごめんなさい。)

 

f:id:kotoba580:20151009214824p:plain

その木幡の目線の先にあったのは、11月に開かれる学魂祭のクラウドファンディングページ。

 

readyfor.jp

 

僕の知り合いな人たちが実行委員会のメンバーに入っているので、なんとなくは理解していたつもりなんですが、この記事を書くために改めてじっくり読んでみました。

 

f:id:kotoba580:20151009211840p:plain

 

ほうほう。たしかに仙台にはいろんな学生がいて熱い。教育、靴磨き…僕がいない!(運営のみなさんまたごめんなさい)

 

たしかに、熱いのは分かる。けれど、学生にフォーカスする理由ってなんだろう。学生が仙台を盛り上げるってどういうことなんだろうと想いました。

 

f:id:kotoba580:20151009212836p:plain

 

なるほど。学生が多い街だからこそ、そこから盛り上げていくというのはとても面白い。しかも、僕なりに仙台を見ていて明らかに学生の活動内容は震災直後に比べて変わってきている。それを示すターニングポイントとして大きいと思う。

 

そして、肝心の『学魂祭』の内容とは!

 

f:id:kotoba580:20151009213130p:plain

 

f:id:kotoba580:20151009213220j:plain

 

純粋にこれだけのイベントを2日間開くってスゴいって僕は思うんですよね。かつ、それが仙台を盛り上げたいという想いにつながっている。表現をする場があることがどれほどあったらいいだろうかというのは本当に僕自身が感じていること。

 

一通り読んでもらったところで、僕の想い・感想を話すと、最初この企画を聞いたとき実はポジティブな感想を持ってませんでした。

 

なんかまた集まって、打ち上げるのかって。それって意味あるの?みたいな。

 

僕もそれほど善人ではないので、何も言わずに見ていたというか。

 

でも、やっぱり見える顔が頑張っている姿を見て感情がプラスの方向に動いてきました。

 

f:id:kotoba580:20151009214629j:plain

実行委員長の一生さん。(某YouTuberに似てるとか…)

 

f:id:kotoba580:20151009214703j:plain

副実行委員長のまいちゃん。(残念系女子です笑)

 

やっぱり根底にあったのは、僕自身が想いのある子を刺激することで東北を熱くしたいという彼らと共通した想いがあるからです。

 

加えて僕は高校生の頃2回クラウドファンディングで多くの方に支援をしていただいたことがありました。だからこそ、僕はお金を稼ぐようになったらクラウドファンディングで自分が応援したいプロジェクトを毎月1個決めて3,000円ずつ寄付しようと決めていました。(さすがにまだまだ払えるだけの余裕はありません。)

 

それが一人ひとりが想いを実現していくひとつのチャンスになるんだったら。

 

そういう意味で、ディスるのってかんたん。だけど、同じ仙台にいて、同じ大学生で、盛り上げたいって同じ想いを持っているなら、自分も行動して一緒に盛り上げていきたい。方法が違うだけで、あの方法は違うよねってディスるのはナンセンス。同じ目的だっていろんなアプローチの仕方がある。

 

僕は東北が若いひとたちから変わっていくと本気で思っています。だからこそ、実現してほしいし、ここから新しい道をつくっていきたい。

 

実行委員長の一生さんがきょう新着情報を更新していたので、ぜひ読んでみてください。

 

f:id:kotoba580:20151009220131p:plain

 

どんなことも僕は行動していくひとがカッコイイと思う。だから、どんな結果だったとしても行動する彼らを応援してほしいなと思います。

 

できれば、クラウドファンディングへ支援するという形で。

 

僕は金銭的支援はできませんが、二つ協力していることがあります。

 

1つはこのブログでプロジェクトを発信すること。

 

もうひとつは、ちょっとしたことですが、実行委員長の一生さんにクラウドファンディングのコツをアドバイス。

 

ひとことでいうと、新着情報を画像付きでこまめに更新していくこと。

 

なぜこれが良いのか。

 

例えば、facebookで『支援してください!』だけがTLを埋め尽くしたらどう思いますか?

 

なんか嫌いじゃないけど、好きではないですよね。

 

だから、新着情報をブログのように使って毎日活動について発信していく。

 

サン津軽りんご

www.flickr.com

 

最初のうちは直接支援にはつながらないかもしれない。けれど、そうやって毎回見てくれるひとが増えたり、ページとしてのコンテンツに厚みをつけていくことでサイトへの滞在時間が長くなることで『支援してみたいな』って思うようになると僕は思っています。

 

支援するってそういうことだと思うんですよね。たかだか3,000円だったとしても、たった2,000文字見て支援しよう!と思うというより、『この人はどんな想いを持っているんだろう』とか『準備はどんなふうにしてるんだろう』とかそういう日常を見ていくことであげたいって気持ちになる。

 

これって当然ですよね。友達にちょっと財布にお金入ってないから貸して!って言われたときと、見ず知らずの人にお金貸して!と突然言われたときだったら、まぁ自分の負担が痛いにしても気心知れてる人なら貸すかってなりますよね。

 

お金をもらうってそういうことだと思うんです。きっと支援者と実行者の主従関係みたいなんじゃなくて、友達になれるかどうか。そのコミュニケーションが新着情報で毎日出していくということ。

 

 

話は戻って、ここで多くの繋がりが生まれることが次のアクションにつながっていくと思います。

 

全額で1,200,000円、現在650,000円です。まだまだ油断できないですが、運営のみなさんには全力で巻き込んで行って欲しいし、このブログを見た人から共感された方には支援をしてもらえたらと思います。また、このブログやクラウドファンディングページ自体をシェアすることで支援したいという人に情報を届けることにもつながります。

 

このブログが少しでも運営の方々が持っている想いを伝えられていればいいなぁと思います!がんばってください!

 

readyfor.jp