コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

〜木幡真人を語る『20』のキーワード〜【vol.4】身長が低いことで得た1つの大きなこと

1ヶ月以上放置してました。この企画。

 

祝・20歳を記念して木幡が木幡たる所以の『20』のキーワードについて語っていくこの連載企画。

 

http://www.flickr.com/photos/117611265@N05/18702649902

photo by www.tOrange.biz

 

20歳になって1ヶ月を過ぎようとしているのにまだ4つ目!

 

これはアカン。

 

ということで、9月は3記事書きました。

 

kohatanokotoba.hatenablog.com

kohatanokotoba.hatenablog.com

kohatanokotoba.hatenablog.com

 

あと、17記事残っているんですが、ようやく4つ目に手をつけます。

 

今日のキーワードは『低身長』!

 

ということで、高校3年生の女の子の平均身長でさえ158cmというこの世の中で160cmの僕が得た一つのことを書いていきます。

 

コンプレックスではないけど、マイナスとしてみていた。

 

まず初めに断っておくと、160cmしかないことを自分のなかでコンプレックスに感じたことってあんまりないです。

 

むしろ、話のネタになるくらいですよね。

 

ただ、高校生くらいまでは決してプラスの面で見たことはないし、背の高い子のほうがモテるしで、自分の身長が良いって思ったことはそんなにないかもしれません。

 

あるとき、願いが叶うとしたらどんなことを願う?って聞かれてジョークで『身長を伸ばしてほしい!』と言ったことがありました。

 

http://www.flickr.com/photos/61056459@N05/5562958338

photo by KFoodaddict

 

そのときはもはやネタだったし、本気で言っていたわけではないけれど。

 

そのときに一緒に話していた人から『小さいからこそ特徴として覚えてもらえるかもよ』って言われたことがあって。

 

自分の特徴として出す

そのときに、あーなるほどなって思って。

 

それまで、背の高い人が良くて、背の小さい人は救いようがないみたいなそんな一つの価値観としてみていたことに気づいて。

 

それまでって、悪いものは特徴として出せないみたいな自分の恥ずかしさがあったんだけど、そういうのが一気になくなって。

 

結局、どんなものも良いとか悪いではなくて、特徴として捉えられるようになって。

 

たぶん、こういうところは身長が低いっていうところがあったからこそ得られた部分かなって思います。

 

http://www.flickr.com/photos/60107315@N00/3436969947

photo by freefotouk