コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

僕の走ることに対しての想い。

きょうは僕の走ることに対しての想いを語りたいと思います。

 

僕の使っているadizero

 

12月に底上げがやる岩手県宮古市から宮城県南三陸町まで走る企画で走るので、2ヶ月前になりそろそろ僕も本格始動。

www.facebook.com 詳しくはこちらから

 

9月、10月半ばまでは3日に1回くらい30分ほど、走る毎に気分で上げたり下げたり…だったけど、2ヶ月前になったのでそろそろ身体つくるところからやらんとなぁということで、きょうはペースはゆっくり70分jogをしてきました。

 

月も綺麗でした。

 

入りの1kmが7分くらいで、その後もペースが若干の浮き沈みだったと思うので10km〜11kmくらいだと思います。ラストの1kmだけペースをあげました。

 

30分を越すランニングはしばらくやっていなかったので、辛くないかと心配していたけど、むしろ身体が温まってからペースを上げてフォームも綺麗に走れたので良かったです。

 

11月の前半までは、だいたい60分〜70分jogをやって距離を稼いでいこうと思います。11月の後半にはjogもペースを意識して60分jog、できたら4分前半/kmのペーランとかも組み合わせていこうかなと。12月も距離は意識しつつも、たまーにスピード練習も入れていければいいかなーと思ってます。

 

個人的に、年末に走る企画で想っているのは前から一緒に走ってみたいなーと思ってた人たちと走れるので2日間とっても楽しみたいです!

 

あと、東北の沿岸を駅伝できるって相当やべーなって感じですよね笑。(ただ、坂と雪という苦手なものが一気にくるので、そこだけ手強いw)

 

超個人的に2ヶ月走って痩せたいですね。最近、「木幡痩せた?」と嬉しいことに言ってもらえて、実際高校の頃に活動し始めたあたりは53kgでそれから増え始めピーク時は57kgで、今51.9kgくらいなので痩せ始めてます。

 

でも、陸上をやってたころは47.5kgとかだったので、もうちょっと痩せたいな〜とは思ってます。

 

超超個人的なところに入ると、高校の頃にやり残したことをやりたいなって思ってます。

 

小さい頃から公園に行くとかけっこが大好きで、運動会で走るの大好き。(その代わり球技が苦手…)

 

中学3年のときは陸上400mで県大会、駅伝で主将をやりました(結果はボロボロでしたが)。高校に入って、本格的に陸上をやり始めて。

 

f:id:kotoba580:20151027224119j:plain

高校2年のときに出た駅伝のゼッケン

 

高2のときに怪我をしてそれから想うように走れなくて、正直今振り返れば本気になっていなかったなーと思うんですよね。

 

中途半端で、他の人にも迷惑をかけるようなことをしたし。

 

それから、走ることに対して未練があるというか。何度か走り始めて、すぐやめてを繰り返してきた。

 

まぁいいかと思っても、どこかで思い出したように走る。だから、いま本気で向き合いたいなって思う。

 

どこまでできるかわからない。タイムを縮める方向に行きたいけど、やっていくうちにファンランに留まるかもしれないし。でも、走り続けることで自分と向き合いたいなとは思う。

 

走ることって僕は本当に大好きなんです。何のバイアスもなければ笑。

 

2本の脚で進んで、景色が移ろっていく。いろんな空気を感じることができる。

 

高校の頃も、走って空気を感じていた。石巻の港から匂ってくる魚の匂い(正直、あまり好きではなかったけど笑)、雨の匂い、秋晴れの匂い、駅伝で走った田園風景の風。全部、身体が自然に同化していくような感覚だった。

 

あとはやっぱり、ちょっと苦しいけど鼓動が高鳴りながら、走る感じ。インターバルとかスピード練習で追い込む感じ。

 

日常でいろんなことがあるけど、そのいろんなことを走っているときだけは忘れさせてくれた。(思い出を美化してる感満載だけど、実際良かったことはいろいろあったなぁと思う。)

 

いま、活動をしていて精神的に向き合うためにも走ることで、自分をひとつでも向上させたいなという想いが強い。

 

僕の弱点は走っていても、日常でも変わらないと思う。揺さぶりに弱い。逆に強みも一緒。自分が強気で行けるときは、本当に情熱的に物事に取り組める。

 

さっき、自然に同化という言葉を使ったけど、走っている時間に全てのことを取り払って走ることで、感情をフラットにすることができる。そして、自分と向き合える。

 

時間をうまく使って、挑戦をしていきます。

 

今年残り2ヶ月はもちろんのこと、来年も走り続けて、自分を高めていきます。