コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

挑戦しようとはいうけれど…

お久しぶりです。

 

気づけば11月は全然ブログを書いてなく…。振り返ると、11月こそは!と頑張ろうとした矢先、だらりと過ごしてしまい。

 

明日で30日。何も精算せずに終わるのはアカンので、言葉にして2015年最後の月に移ります。

 

日頃、高校生と接していて「挑戦してみようよ!」と言ってきた僕ですが、10月・11月はその言葉が自分にブーメラン効果で返ってくるほど挑戦をしてなかった時期じゃなかろうかと思うわけで。

 

今考えてみると、熱が入らないからという理由でちょっと避けたところから全て避けていたなぁと思います。

 

ちょっと避けてしまうと、いろんなことを避けて通ろうとしてしまうのが僕。

 

結局何もやらなくなる。

 

母親と話していた時に僕が「なんか熱が入らないというか…。これだ!って感覚がないんだよね。」というと母からこんな一言が返ってきて。

 

『それって本当に必要なの?』

 

僕はいや…としか返せなかった。

 

『やるべきことをやっていれば、いつかそういうタイミングはやってくる。』と諭され。

 

誰かに感謝された経験とか、自分がやっていく中で人との縁で「やらなくちゃ」ってものを続けていくんだという話をしていた。

 

同じようなことを親だけではなくて、こないだ一緒に飲んだ人からも言われた気がする。

 

「自分が一番挑戦できてないんですよね…」というと。その人は「逃げたらいけないよ」と。

 

気持ちの問題とか、たしかに辞めたいって思うことはある。

 

でも、それだけに振り回されては本当に僕が目標としている『東北を熱くする』というのは絵に描いた餅だと思う。

 

今の自分の心境でこれが本当に自分がやりたいことなのか、成し遂げられることなのか。信じきれない日もある。

 

けど、目の前にある仕事である以上、一つ一つ向き合って自分の言葉にしていきたい。