コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

ネガティブですが、僕の気持ちを聞いてください。

断っておくと、きょうのブログは超ネガティブです。

 

コハタマサト、やりたいことがなくなりました。ビジョンが白紙になりました。

 

正確にいうと、学生団体・ソーシャル界隈での活動でやりたいことがなくなりました。今まで『東北熱くするぜ!』って言ってきた情熱が、魔女宅でキキが魔法を使えなくなった時のように消えてしまいました。(例え、ちょっと変えたほう良かったかな…)

 

kohatanokotoba.hatenablog.com

 

事の発端は、先週の日曜日。前回のブログにも書きましたが、ある人と久しぶりに会って話したことです。

 

『高校生の木幡は一回ゼロにしなよ。』と言われ、それまでは一切、大学生だし!と誰に言われても跳ね返していたのですが、その時に限ってはギリギリで耐えてきた壁が崩れていくかのように「変わりたいかも。」と思い始めました。

 

その夜、僕の相方・山本へ相談して、本当に僕自身のやりたいことが高校生をサポートすることなのかという話を語りました。その時は、自分で新しい活動をやってみたいと思っていました。プレイヤーになりたいと。

 

月曜日は、山本へ自分でメディアを作りたいという話をしました。

 

しかし、それすらも本心からやりたいと思ってやっているのかという疑問があり、モヤモヤ。

 

手段としては、やってみたらそれはそれで楽しそうだなというのは思い浮かぶのですが、それが本当に他人がワクワクするものなのか、自分の将来にとって良いものなのかというのが『違うんじゃないか』と思い始めた。

 

木曜日、大学でゼミがあり、ゼミの先生や日曜日に会った人とも話す(僕の近くにいる人はだいたい、誰に会ったのか分かるかとおもいます笑)

 

そのときに、スーッと体の中に入ってきたのが、この空間って凄い今の自分が欲しいものだなということ。具体的に、ゼミでの動きはこれからだけど、今まで動き続けてきて、逆に学びたいなっていう気持ちになっているし、先輩たちも前から知っている人たちっていうのもあってここがいいなぁと思った。

 

その時に言われた一言を覚えている。『輝こうと思えば、いつでも輝けるよ。でも、夜まで残って語ったり、研究室で作業したりするのは今しかできないよ。』って。

 

その時点では、まだ活動を何かしらやりたいという気持ちのままで聞いていたので、何もやりたくないという気持ちではなかったけど、あぁここいいなぁって感じた。

 

金曜日(きのう)、山本とイベントでプレゼンをした。その時に感じたこと。

 

もう、疲れたな。一回空っぽにしたい。

 

f:id:kotoba580:20160430171500j:plain

 

今までやってきたことを全て出すという意味でプレゼンの場を頂いたことは本当にありがたいです。ただ、山本から他己紹介で、僕が高校時代に資金調達140万円を集めたこと、実績があることを言われ会場がどよめいても『あぁ、こんな過去もあったな。』って他人事くらいにしか思えなかった。

 

決して、その会場にいた人たちが嫌いというわけではないけど、僕がこれからも居続ける居場所じゃないかもなぁっていうのを強く感じた。

 

そういうものが裏にあって、出たきのうのツイートなんですが、車でいえば走り続けてきてガス欠になったイメージ。アクセルを踏んでも、進みたくないって感じ。焼肉食いに行って、もう1年くらい肉食べなくていいやって一言が出てくるイメージ。

 

なんか、育てたいんじゃなくてプレイヤーだとか、そういうところを通り越して「やりたいことがそもそもなくなった」んだなぁというのを帰りの電車で感じました。無力感というか。

 

メディアに出たいわけでもない。イベントや講演をやって登壇して、わーって言われたいわけでもない。強烈な想いが湧き上がってくるわけでもない。

 

なんか、ゴールデンウィークでもあるのでちょっと休みたいなって感じです。3年間走り続けてきて、またゼロから挑戦してみたいなって思います。

 

 

これからに関していうと、全く決まっていません。もしかしたら、GW明けたら「こんなことやりたいでーす!」ってそんな楽天家なこと言い始めるかもしれません。ディスっても良いですし、できればメンヘラなので暖かく見守っていただけるとありがたいですが。笑

 

自分が代表を務める法人に関しては、はっきりしたことは決めていません。これからまたメンバーと話し合っていきます。高校生とも仕事としてじゃなくて、普通にゆっくり話したいです。

 

ただ一つだけ言えるのは、ゼミは本気でやりたいです。体制も見えてきて、僕はリーダーではなくフォロワーに回りました。今までずっとリーダーをやってきたので、フォロワーになるのはドキドキしてます。笑

 

風見先生にはついていきたいと思っているし、先輩や同じ学年の子たちとも頑張っていきたいと思っています。

 

やりたいことがない分、投げられたタスクはやり切りたいと思うし、今までの経験からチームを支えていくことはある程度できると思います。(ある程度の先は本当に努力するしかないです。)

 

だから、正確にいうとやりたいことがないというよりも、チームとして成果を出すために何が必要なのかを見る黒子として動いてみたいということでしょうか。そして、下につくことでプロジェクトについても、アカデミックなことも学んでみたいと思っています。

 

今は悩んでいるというよりもスッキリしています。ちょっとしたことに嬉しさを感じています。朝早く起きて気持ち良いなーとか、ご飯美味しいなぁとか。前に比べて、熱さはないですが。笑

 

3年間、前に出ずっぱりで疲れた一面もありますが、本当にいろんなことを経験させてもらってここまでこれたと思っています。一回、休んで自分の先を考えて、また進もうと思います。

 

ネガティブなことばっかり書いちゃいて、本当にすみません。

 

これが僕の今の正直な気持ちです。