コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

1ヶ月走って、気づいたこと

本格的に走り始めて1ヶ月。
 
目標の月間200kmを超えて、
< 203.37km >になりました。
 
きょうはもともと休養の予定なので、きのうが今月最後のワークアウト。
 
仙台で底上げの矢部さんとジョグ。
と思いきや、コボスタと陸上競技場の周りを3周勝負。
 
きょうは完敗。。。
1年7ヶ月走り続けてきた矢部さんやっぱりすごいです。
 
最低限の速さを長い距離維持するのはできるようになったけど、
まだまだスピードを出すことができてない。
 
ここが8月、9月の2ヶ月間で最大の課題。
 
そのあと、ゆっくり走ってきょうは合計14km。
 
7月最後に次の課題を丸裸にできたのは、かなりよかったです。
 
せっかくなのでこの1ヶ月、4年半ぶりにこれくらいの距離を走るようになって
変化したこと、気づきをシェアします。
 
 
【この1ヶ月の変化】
 
◯ 体重 55.5kg(6月末)→53.1kg(29日現在)
体脂肪率 14%台→9.9%(体組成計なので、正確ではないと思うけど)
◯ 肌の色 色白→超日焼けした
◯ 顔が少し痩せたらしい
◯ 生活習慣 寝る時間、起きる時間を意識するようになった
◯ 食生活 鉄分の多い食事を意識するようになった、炭酸ジュースを飲む回数が減少
◯ 精神的な波が落ち着いてきた
 
 
【気づき】
 
◯ 悔しさを意識するよりも、目標や憧れを意識する方が打ち勝てる
 
もちろん、日々のあれこれを走ることにぶつけることもなくはないんですが、それをやってみて気づいたのが、大して打ち勝つことに効果がないということ。それよりも、むしろ苦しい時は目標のタイムを意識したり、レースで走ってる自分を想像したり、憧れのランナーのフォームを真似して走ってみるとか、そういうことの方がよほど打ち勝つことに効果があるんだということ。
 
◯ 自分ってけっこう制限かけてる
 
ここ3日間、15km前後、1時間以上走るのが続いています。中旬まで、12kmくらい走ろうと思っても、やっぱり10kmでいいやと10km以上走れない自分がいました。体力的に変わった部分もあると思いますが、この短期間で変わったのは意識の部分が大きいです。10kmでいいやと思えば10kmで止まってしまうし、1時間走るんだと思えば10kmは通過点に過ぎない。できるのに、意識次第でストッパーをかけてる。
 
◯ やらなきゃいけないことは、身体をそこに無理やり持っていく
 
身体が疲れてたり、朝の起きたばかりで走りたくないこともしばしばですが、そんなときは無理やり着替えることにしてます。案外、走り出すと走れるもんです。走り出したら、3kmまでやってみよう、30分まで、40分まで…と小さなゴールを作って淡々と走ってると、集中するポイントがやってくるので、そこからは設定距離、時間を狙うだけ。最初からゴールを狙うんじゃなくて、集中するポイントまでやってみる、これ他にも言えることだなあと思いました。
 
◯ 走ってると、けっこう爽快
 
疲れるけど、やっぱり走って汗かくと精神的にも身体的にも、無駄なものが削ぎ落とされる感覚になります。
 
と、カッコいいことを言っているようですが、
まだまだぺーぺー。
 
8月も頑張ります。
 
暑い夏、怪我と貧血、体調管理に気をつけながらですが、
8月は<月間250km>狙って頑張ります。