コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

About ”コハタのコトバ”

初めまして、木幡真人(こはた まさと)と申します。

 

宮城県涌谷町出身・在住、20歳。

 

一般社団法人東北ソーシャルアクションエンジン・代表理事、宮城大学事業構想学部事業計画学科3年(風見研究室)です。趣味は走ること。

f:id:kotoba580:20160512140254j:plain

 

東北ソーシャルアクションエンジン

『一人一人が輝く東北』を理念に、東北で輝く人と高校生を繋ぎ、アクションが起きるコミュニティづくりをしています。

 

仙台を拠点に活動してます。

 

昨年、10月に法人設立。”おしゃべりカフェ”というイベント名で東北で輝く大人と高校生を繋ぐイベントを数回開催してきました。

 

また、高校生がアクションを起こしていくためのコミュニティづくりをフリースペースを通じて行っています。

 

f:id:kotoba580:20160512140603j:plain

 

大学生

現在、宮城大学事業構想学部事業計画学科3年生です。研究室は風見研究室というところにいます。

 

学んでいることは、経営・まちづくり・ソーシャルビジネスなど多岐に渡ります。ただ、僕がここにいるテーマは『地域づくり』です。

 

どうして、こうなっているのか。

僕は、震災後に石巻高校へ入学しました。高校3年生のときに石巻で輝く大人たちに出会い自分も何かしたいという気持ちが高まり高校生団体『くじらステーション』を設立。

 

もともとアナウンサーになって、地域の情報を発信したいという想いからでした。Ustreamで定期的に番組をつくり、地域で頑張る人や明るい情報を発信。

 

f:id:kotoba580:20150919191307p:plain

 

活動は、1年間で15回の配信を行い全国の多くの方々へ情報を届けました。クラウドファンディングサイトREADYFOR?では20万円超の資金調達を経験。

 

また、活動を進めていくと気仙沼や南三陸などの他地域でもアクションを起こす高校生がいることを知りました。しかし、僕には一つの課題意識が生まれました。

 

僕が住んでいる場所は、石巻から車で30分ほどの内陸にある涌谷町。被災地と呼ばれる、沿岸部では若者がアクションを起こして地域をよりよくしていこうと頑張っているのに、地元の涌谷にはこのような動きがまったくない。

 

面白い大人がいるか、いないかでこんなにも状況が違うんだというのを感じました。また、アクションを起こすことが将来、地域を自分たちでよくしていく人たちが増えて、魅力のある地域になるのではないかという想いを持ち始めました。

 

そのような想いから、まちづくりについて学べる宮城大学に入学。また、大学生になると同時に仙台で高校生のサポートを始めました。

 

コハタのコトバ

このブログでは、文字通り僕自身が想っていること、活動を通して学んだことなどをありのままに発信していきます。