コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

身を置く環境で人間は変わるよね

きのう、底上げの矢部さんと一緒に仙台市陸上競技場で練習してきました。
 

 

矢部さんについてはこちらから

 
一緒に走る約束をしていて、矢部さんの仙台の家に行くと陸上競技場って誰でも使えるの?」と聞かれ、お金払えば使えますよと言ったら「じゃ行こうよ!」となり、走ってきました。
 
 
シューズも今までのシューズから、今回はレース用に買ったNikeルナスパイダーR6を初の長距離使用。

実に、4年半ぶりに買ったレーシングシューズです。
 
 
 

初めての陸上競技

 
 
きのうは大学生や高校生が多く練習していて、長距離の選手もかなりいたので、走るにはちょうどいい日でした。
 
 
 
矢部さんにとっては初めての陸上競技
 
 
最初からかなりはしゃいでました。
 
隣でそれを見ていて、こっちまで楽しくなってきて。
 
 

8月27日 オトナのタイムトライアル1500m最終組

 
 
そういえば、初めて赤いタータンを踏みしめた時、中学生の時初めて県大会に出るために宮城スタジアムに行った時、高校生の初めての県大会で仙台育英の選手を見たあのゾクゾク感に近いような気がする。そんな気持ちを久しぶりに僕も思い出した。
 

 

スピードに乗った

 
 
キロ4分くらいで5kmのジョグを一回終わらせてトイレに行ってから、中に入ってみます?とトラックの外から中に入って走り始めた。
 
 
 
 
最初はそこまで上げるつもりがなかったんだけど、自然と上がったペースを維持させて5000mほど走ったらタイムが18分50秒だった。
3’52”-3’44”-3’47”-3’47”-3’40”が1000m毎のラップタイム。
 
 
 
最後の1周半を矢部さんが足の痛みで抜けてしまい、ひとり旅になったけどスピードに乗れていい練習だった。
 
買ってから初めて長い距離を走ったレーシングシューズでとてもいい感覚を持てた。
 
 

身を置く環境で人間は変わるよね

 
走っている最中に、トラックにいる他の陸上選手たちに刺激を受けながら矢部さんが言っていた
 
『身を置く環境で人間は変わるよね。』
 
 
という言葉がとても印象に残った。
 
 
 
競技場から帰ってくるときに、これからのレース予定をお互い話しながら、僕らは誰に勝ちたいんだろうねなんて話をしていた。
 
たしかに。
 
 
 
本来なら、ソーシャルな活動をしている人たちで、別に走る必要性なんてない。
でも、僕たちは何かに勝ちたくて、自分自身に勝ちたくて走っている。
 
そうやって、みんなが本気になって、自分で目標を決めて走ったり、毎日10km走ったりしている。
 
 
 
それがまた、僕は楽しい。
 
 
 
 
見ていく人たち、身を置く環境は陸上競技も活動も上を目指していきたい。
 
 
最後に、今後のレース予定を掲載します。
 
 

出場レース・予定

 
10月21日(土) 平成国際大長距離記録会 3000m(目標:9分50秒)
11月18日(土) 仙台市長距離・マイルリレー競技会 5000m(目標:16分30秒)
12月3日(日) いわぬまエアポートマラソン 10km(目標:34分30秒)
12月23・24日(土・日) 底上げマラソン2017(目標:100km走破)