コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

基本に戻ることが実は一番難しい

今週、立て続けにミスを犯してしまい、かなり不調だった。同時に体調も崩れるし、メンタルも久しぶりに落ち込んだ。

 

やはり今の自分はやるべきことだけに集中したほうがいいんだろうか、今の環境が辛いと自分をネガティブに追い込んでいくような思考になっていた。でも、我に返ると、すべてが全て思い通りに行っていないわけではない。むしろ、そうやって自分が縛りをかけているだけ。

 

そして、きょう朝6時に起きてみてあるひとつのことに僕は気づいた

 

基本がなっていなかった。

 

 

どういうことかというと、年が明けてからの僕は起きるのは早くて朝8時、遅いと10時くらいに起きてくるというのがデフォルトになっていた。そのせいで、朝の準備もろくにできなかったり、大学の講義ギリギリに着いたり、仕事も1日で達成したいことをできずにいたりした。

 

 

元々夜遅くまで起き続けるのが苦手なタイプなので、必然的に一人で集中できる時間をつくるとなると朝になる。しかし、その朝の時間帯を潰してしまうと、それ以外は他人に左右されることが多いので、思うように進まないことが多い。しかも、夕方になってくると集中力も体力も落ちてくるので、いいや明日やろうとなってしまう。

 

そうして、ずるずるずるずるタスクを溜め込んでしまう。

 

 

でも、次々とやるべきタスクは差し迫ってくる。もっともっと、マルチタスクになって注意散漫になってしまう。

 

 

そうやって、負のスパイラルに陥っていた。

 

そして、朝6時に起きてみて、基本がなっていないからフラフラしてしまっていたことにやっと気づけた。

 

 

 

今朝思い出したことで、前にサッカーJ1広島の監督のドキュメンタリーを見たときに、逆境のときこそ基本に立ち返ると言っていた。

 

逆境のときに苦しくてそろそろ止まりたいという思いととにかく大きく何かを変えなければというふたつの思いが出てくる。苦しいときは1回止まってみてもいいかもしれない。そうして気づくのは、何かを大きく変えなくてもいい。でも、一つだけ基本に立ち返ろうということ。

 

しかし、実はその基本に立ち返ることが一番難しいということ。

 

これからも6時起きを続けて、ちょっと朝早くに仕事しようと思う。