コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

こはた家Vol.3開催しました!

 

新企画の名前は何がいいか…。どうせならふざけたアイディアを出そう。

 

 

 

そうやって、モクモクと考える。うーん、ふざけたアイディアなんて出ないぞ…。木幡家なんてどうだ…。と、出してしまったのがそもそもの始まりだった。

 

まさか、新企画の名前になると思って思いをポストイットに託した憶えはまったくない。ええやん!って言われたときは信じられなかったというか、いいの??って感じだった。それが、名前になり、今や企画が現実化してしまっている。

 

f:id:kotoba580:20160531211656j:plain

 

ということで、今週もみんなでおしゃべり『こはた家』開催しました!

 

きょう31日17:30〜20:00、仙台駅の近くになるビルAER2階のフリースペース。

参加してくれた高校生は先週の3人から4人にひとり増えました!

 

 

大学から仙台駅に来て、いそいそとお菓子を買ってテーブルに行ったときは留守番をしてくれてただいこんと僕しかいなかったのに10分後にはだいぶ集まってきて、30分後には6人くらいでワイワイ。

 

 

 

先週は『自分を信じる』についてでしたが、今週は『安定』について。

 

 

ある子が、進路のことについて話し始めて、僕が『どうしてそれが安定していると思うの?』と聞くとその子は『その職種は比較的安定しているから』という。どうして安定していると言えるのか?と聞くと『専門職だから』と言っていた。

 

 

僕は『安定しているから』という価値観がひとつとして存在していいと思っているし、僕も収入が安定するものならなってほしいと思っている。ちょうど、就活真っ只中の専門学校生もいて、だいこんとは食事をしたときに『安定とはなにか』という話をしたので、きょうも同じ話をした。

 

鋭くツッコミすぎたかもしれないけど、『専門職だからって安定する保証はどこにあるの?』と聞いてしまった。

 

 

たしかに、その子の目指している職は高度な技術が必要なため、職がなくなるというのは現実的に可能性が低いかもしれないが、10年後にはなくなっている職業もある。

 

安定とはなんなんだろうか。

 

きょうのお話の続きは、来週7日17:30〜20:00にやります!今年も6月が到来します。『安定とは何か。』というタイトルで、お話しします。僕はゼミの先生に同行する仕事があるため、留守番・家守をだいこんへとまかせます。

 

ちなみに、僕は100か-100かの人生を送っているため安定は一生訪れないでしょう。

 

kohatanokotoba.hatenablog.com