コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

定期的に外に出てみることの大切さ

3日前まで長野に行ってきました。

人生初、北陸新幹線に乗りました!!!(写真がないです。。。笑)

 

4月は仙台から出ていなかったので、余計に感じました。

 

『定期的に外に出た方がいい。』

 

去年12月、3ヶ月くらい仙台から出ていなかった時期に東京に行って友達と会って話した時も感じましたが、定期的に外に出た方が刺激を受けることが多いです。

 

 

前から気になっていた小布施に行けたことが大きかったですが、それ以外にも上田市長野市内を歩いて仙台より遥かにおしゃれな街って感じました。

 

仙台にいるとお洒落なコワーキングスペースがあまりないなぁと感じるんですが、今回行った3つの地域はどこもお洒落なところが多い。

 

街の規模がある程度小さくて住んでいる人たちでつくりやすいこと、まちづくりだったりリノベーションをやる人がいることが大きいと思うんですが、それにしてもお洒落なところが多くて文化として根付いてるんだなというのを感じました。

 

www.nikkeibp.co.jp

 

上田も、街並みにカフェやお洒落なものがあるのが普通な感じ。あれ?と思って、僕が高校3年間通っていた石巻の人口・面積と比べたらどちらも約16万人、約550㎢と一緒。石巻もお洒落なコワーキングスペース、カフェがけっこうある。内陸と沿岸という違いはあるけど、規模感が似ているからか落ち着く。

 

普段触れていないものに、触れてみることで気づくことって実は多くて、これから自分のプロジェクトを動かしていく意味でも、研究室でまちづくりを学んでいく意味でも良いヒントになったと思います。

 

そして、昨日のブログにも書きましたが、 若者会議の合宿でも良い発見が。

kohatanokotoba.hatenablog.com

 

 

 

全国各地の若者会議を主催している人たちと会い、その中には名古屋わかもの会議創設者の水野翔太くんと久しぶりに会ったり。

machinokoto.net

 

普段、活動していると一緒に活動している人たちとは活動の方針、想い、自分たちのキャリアについて語る機会はある。それ自体は、とても良い事なんだけど、それだけでもだんだん視野が狭くなってくる。時に、自分はこれでいいのだろうかと思う時もある。

 

そんな時に、他の地域でやっている人はどんなこと考えているんだろうとか、同じように悩んでるんだとか、いろいろ気づくことができる。

 

いろんな地域の人と会うことって大切だなぁと感じました。

 

東京に限らず、 いろんな地域に行って、自分の知ってる視野を広めること、これからもやっていきます。