コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

『動き続ける』よりも『流れ続ける』ことを意識することが大切

お昼に大学で後輩とすれ違ったときに「楽しそうですね。笑」と言われた。

 

さっき交差点で久しぶりに会った友達からメッセージで「前より雰囲気静かになったね。激しくなかったよ。」と言われた。(『凛としてきたね』ということで勝手に解釈している笑)

 

たしかに、自分でも以前に比べて100か0かのようなアップダウンの激しい日がなくなってきたように感じる。だからといって止まっているわけではない。

 

『流れ続ける』のを意識している。

100か-100!だった従来型の僕

 

 

このツイートに代表されるように、アップデート前の僕はとても致命的なバグがありました。

 

めっちゃ速くダッシュするか止まって洞穴から出てこないかの2択。しかも、それが操作によって動かせるものではなくて、突然やってくるという制御のできなさ。笑

 

もはや、真人という名前の如く人間らしいの度を超えすぎて、数々の人が木幡をアンインストールしていくわけですね。あはは(笑えない)。

 

今考えると、自分はストレスに強いタイプではないので、環境に適応できないストレスが表に出て『学校に行きたくない』とか『朝起きられない』ということにつながったり、感情の上がり下がりも激しかったのかもしれません。

 

動き出すときが一番大変、あとは楽。

 

僕の意識が変わったのは5月の後半。身軽になり、いよいよ自分ひとりでこれから挑戦していこうという気持ちに切り替わった。

 

アップデートした(?)で改善されたのは、100か-100かの流れのない自分から流れるように進み続けることだった。

 

最初は朝起きるのが早くなったとはいえ、だいぶテンション高めにいかないとできなかった。電化製品でも車でも、スタートが一番エネルギーがかかるというが、木幡とて全く一緒なんだと感じた。

 

最初こそ、とてもエネルギーを必要にしていたが、だんだんと早起きすることに対して抵抗がなくなってきた。むしろ、勝手に体が起きる。

 

少しでも、流れ続ける。

川

 

僕が最近意識していることは、毎日10ずつでもいいから進み続けるということ。

 

0にすると再び動きだすのがしんどくなる。だから、超遅くても、超少しでもいいから動いてみる。

 

たとえば「きょう気分が上がらないな〜」と思ったら、何をしようとか決めなくてもいいから、とりあえず家から出てみる。

 

この、とりあえず手をつけてみることが大切なんだと思う。

 

あとは、止まらないために常にやっていることは自分の気持ちをノートに書くコト。不安だな〜とか悩み始めたと思ったら、今の自分の気持ちをノートに書く。些細なことでも。

 

『何もしたくない。』とか『授業出たくない。』とか。

 

そこから、どうして自分がそう想うのかを深堀りしていく。前にロジカルシンキングの本でトヨタ『なぜなぜ5回』というのをしていると目にしたことがあるが、それに倣って5回「なぜ?」を繰り返す。すると、だいたいどうして不安になっているのかがわかってくる。

 

悩みや不安の本質的な理由が見えてくると、大して大きなコトではないし、むしろこうしたらいいじゃん!という解決策が見えてくる。楽になるだけじゃなくて、むしろ楽しみになる。

 

それを原動力にまた進み続ける。

 

『動き続ける』よりも『流れ続ける』ことを意識する

 

ところで、さっきから『動き続ける』ではなく『流れ続ける』と書いていますが、僕のなかでは明確に違います。

 

動き続けているだけだといつかは枯渇するときがやってくる。疲労で突然ブレーキがかかってしまう。

 

だから、僕は流れ続けることを意識している。

 

お金を支払い続けたら貯金がいつか0になるのと同じように、アウトプットもいつか貯金が底をつく。だから、インプットや学ぶこと(収入)を意識していく。

 

他の例えでいえば、練習をしたら、身体のケアや栄養を取り入れていくように、インプット(栄養)を取り込んでいく。

 

大きく出すだけ、今は学ぶだけというふうにどちらかに偏るのではなくて、並行して行っていく。

 

そうすると、バランスが取れてきて動きやすくなってくる。

 

ちょうど、自分の調子が好転し始めた頃にある人が「NPOの経営は流れることが大切。お金が貯まることよりも、通帳に多く記載されていく(=お金の流れを生む)ことが大切。」と言っていたけど、まさに個人にしても同じなんだと思う。

RUN RUN!

安定してくるから、激しくなる必要がない

 

こうして、毎日流れ続けることでカクカクな動きから滑らかな動きに変わってくるので毎日が安定してくる。

 

すると、今まで精神的にもいろんな面で負荷がかかっていたのが、あまり大きな負荷がかからず激しくなる必要がなくなってくる。

 

だから、自分でも気づかないうちに『最近、雰囲気が変わったね。』と言ってもらえたんだと思う。

 

越えたい『3週間の壁』

 

ちなみに、僕はいま3週間の壁にぶつかり始めている。3週間を過ぎて、4週間目で若干マンネリ化したり、キツくなってきたりする。

 

ちょうど、先週かなり体力を使ったので月曜日のきのうは大学の授業が終わると自宅に帰ってきて、夜ごはんとお風呂に入るために起きた1時間を除くと12時間寝ていた。今朝も起きたくなかったけど、頑張って7時半に身体を起こした。笑

 

今までこの「3」のつくタイミングで、壁を乗り越えられず倒れてきました。

 

でも、この『流れる』ことを意識していると、今までの『動く』だけのときよりも安定して次に行けるんじゃないかなと思っています。

 

疲れている分、少しの動きでもいいというふうに切り替えたり、インプットをしていくコトで流れを生み出すという考え方。

 

ここからが勝負だと思うので、少しずつでも頑張って流れ続けていこうと思います。

 

おわり