コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

近所のお兄ちゃん。

『木幡さんって近所のお兄さんみたいですよね。お兄さんっていうか、お兄ちゃん?』
 
最近、年下の子たちから頻繁にそんなことを言われる。

接してる子たちが自分の妹と同じくらいの年だから、たしかにそうかとは思うけど、去年の自分だったら果たしてそれを受け入れられたんだろうか。
 
 
もっともっと上を目指していた。
高校時代からの虚像というのか、あの人はすごいみたいに見られていたのもあって、仙台・東北でも1番でありたいと思っていた。もっと目立ちたかったし、もっと前を行く大人に追いつきたかった。
 
だから、高校生や大学1・2年生にとってもっと遠い存在、前をいく存在でありたかった。
 
ゼミでリーダーではなく、フォロワーになったのも最初は慣れなくて嫌だった。
自分はこんなところに収まる人間でもないと思っていた。表面上は変わっていても、自分の内側ではまだまだ変われていなかった。
 
 
この1年、そこから変われたのかどうかは本当のところは自分には分からないけど、自分はいわゆる『すごい人』にはなれないんだと思う。遠くに行くのを諦めたわけではないけど、僕自身は遠くにいる憧れる存在ではないんじゃないかなと自分なりに思っている。
 
でもいろいろと踠いてあがいてみて、今は納得している。
 
目立とうと、遠い存在になろうとすればするほど、何かがズレていく気がしたから。
先を行く大人や同世代の存在が気になる、他人が気になって自分は何もできなくなっていく。
 
結局、自分らしくない。
 
 
もともと、僕自身あまり目立つタイプじゃないんだと思う。
小学校、中学校の頃は大人しい人間だったし。カリスマ的な存在なんて、もっと遠い。
 
自分の話をするよりも、人の話を聞いてる方が好きだった。
 
 

f:id:kotoba580:20170519000852p:plain

でも、高校時代に一度脚光を浴びたことと、承認欲求の強さが相まって、自分が目立とうとし続けた。
 
目立とうとすればするほどうまくいかない。
滑っているような感じになる。
 
 
正直、プレゼンもあまり得意じゃないし、人前で話すのが苦手。
ガヤ芸人してるくらいがちょうどいい。笑
 
高校時代にともに活躍した人たちや年下の子たちからはだいぶ水をあけられたなあと思う。
でも、いまのところ上手くいってなくて、自分らしくないって思うなら、それは僕の進む道じゃないんだろうし、諦めていいんだと思う。
 
 
前に、糸井重里さんが『ご近所の人気者でありたい』と言っていた。
 
 
 
僕が思ったことや、書いたこととは少し違うんだけど、ああ分かるなあという感じがする。
 
すごい人になるというよりも、何かを成し遂げていくというよりも、
そこに一緒にいる感覚。
 
 
うーん。
3年間費やしても、なんかギラギラして進む学生起業家みたいな感じにはなれなかった。
 
でも、3年間踠いて、あがいた先には、あまり気張らなくていいんだなと思わせてもらえる、いい場所があった。
 
だから、小さく楽しく歩いていこうと思う。
 
どこに行くのかは分からないけど。
 
ここは結構楽しそうだ。