コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

信頼ってなんだろうね。

活動 ポエム

この前、チームのメンバーでmtgをしているときにひとりがあることを言った。

 

信頼ってなんだと思いますか。

 

f:id:kotoba580:20160513171620j:plain

 

大学に入ってからの2年間、遅刻癖がつき呆れられてしまっている木幡はまさに…

『何も言えねぇ。』

 

ついに後輩にまで説教されるようになってしまったか…と戦慄を感じていると…。

 

最近、いろんな人に言葉について聞いてるんですよ。

 

と、さすがに説教はされなかったのですが、信頼って何でしょうねぇ…。

 

信頼という言葉を深く考えなくても、至るところで遅刻しまくったり、仕事遅れている木幡くんは信頼というものを失っていることは誰から見てもわかることだと思います。誠に申し訳ございません。

 

いくら破天荒に生きてみたい木幡くんでも、遅刻しすぎることが信頼を失うことくらいはなんとなくわかります。周りの人たちもそう言います。

 

ただし、そこでもうひとつ疑問が浮かんでくる。

 

お行儀よくしてれば、信頼に繋がるのか。

 

たしかに、遅刻しない、失礼なことをしないなど迷惑をかけないことをすることは良いことですが、信頼してるという状態には果たしてなるのか。

 

何か違うような…。

 

ちなみに、mtgのときは『結果を出すこと。』『口だけにならないこと。』などが挙がりました。

 

でも、なんかそれぞれひとつだけではないような…。うーん。

 

f:id:kotoba580:20160318223217j:plain

 

1日考えてみて、ピンとくるものがひとつありました。

 

これではないか…と。

 


2013日本シリーズ第7戦楽天優勝 田中登板~胴上げ

 

前にもこの場面の話をしたような気がしますが、2013年に楽天が優勝したときの日本シリーズ。最後のイニングに田中投手が投げたとき。

 

日本一を懸けた決定的な場面。監督がこの人しかいないという顔で、審判に交代を告げる。スタジアムの雰囲気はひとつになる。

 

信頼という言葉は”信じて頼む”と書きます。

 

最低限の結果ではなくて、最高の結果を望んで、勝ちに行きたいという強い想いを持って、この人なら絶対にやってくれる、この人と一緒にやりたいという想いを持って託すのではないでしょうか。

 

たしかに、自分が全力で何かに立ち向かっていくときに一緒にプロジェクトをしたいって思う人は、自分の色を出している人とか姿で見せている人、尊敬する人じゃないかなって思います。

 

一緒に何かする他にも、この人なら応援したいって想う人は姿で見せる人です。

 

2013年の田中投手を思いだすと、クライマックスシリーズでストレート勝負を挑んだり、160球を投げ抜いたり、自分の意思に従って勝負を挑んでいく姿勢が見えます。シーズン中も24勝負けなしで勝ち続けました。

 

僕はプロ野球選手ではないから分からないけど、そうやって一流であり続ける人は、エースとしての風格というか、マウンドに立ったときの強いオーラみたいなものがあるんじゃないかなと思います。それは、自分を追い込み続ける練習から裏付けられた強い自信と、もう一つは自分を信じるという意味での『根拠のない自信』みたいなものだと思います。

 

ああやって、リーグ優勝がかかった場面で変化球のサインが出ても自分のストレートで勝負したいと思えるのは、自分を信じきる想いがあるから。

 

やっぱり、決定的な場面では自分を信じている人に託したいと想うもの。

 

言葉は変わりますが、仕事とは仕えることと書きます。

 

仕えるというと主従関係みたいなことを連想してしまいますが、僕は頼られる・必要とされるということではないかなと思っています。

 

つまり、仕事とは仕えること=必要とされることだと思うんです。

 

これを頼む側から考えると、あの人のやることは素晴らしいとか、凄いとか、何かしら強い印象に残っていたり、頼りたいという感情があるものに対して向かっていくと思います。僕の言葉でいうと『キラキラしてる人とか芯を持っている人』っていうのかな。

 

そういうことを考えていたら、僕の周りにいる大人が「信頼って大切だよ」っていう理由が少しだけ分かった気がしました。信頼って迷惑をかけないとか、相手に対して良い子であるとかそこに収まるんじゃなくて、必要としてくれる相手に対して全力で応えたいっていう強い想いの表れなんじゃないかなと想います。この人へ自分の最高のモノ・コトを届けたいっていう。

 

自分が迷惑をかけたくないって気持ちを越えて、相手に応えたいっていう気持ちの一つのコトが時間に遅れないとかそういうことなのかなって想いました。時間に遅れずに会って、始められたら気持ちがいいですもんね。

 

逆に本当に信頼関係ができている人には自然と応えたいと想うものです。(ちょっと偉そうですが。)

 

今まで、自分のことだけ考えて迷惑をかけたくないという負の気持ちを持ってきましたが、もうちょっと先を見て相手に応えたいという気持ちになってみようと想います。全力で自分から楽しんでいこうと想います。

 

新年度になって1ヶ月半が過ぎて、新しい環境になって僕も慣れないことが重なって、ネガティブになって小さくなりすぎていた部分がありました。でも、仲間と信頼という言葉を考えていて、もっともっと自分を信じて行動し続ければ良いんだっていうことに気づきました。そうすれば、自ずと結果もついてくる。

 

まだまだ先になると思いますが、僕もアイツに頼んだら絶対に最高の結果を出すって思ってもらえるような人になりたいです。そのためにも、まず自分自身が今あることに最高の結果を出すっていう気持ちを持つことと努力をしていきます。

 

自分に向き合い始めた5月にとても良い気づきを仲間から吹き込んでくれました。ありがとう。