コハタのコトバ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

スタートダッシュ、その後

 
今日で、再始動から10日を迎えました。
 
1週目はがんばるぞ!という気持ちでスタートダッシュを切りましたが、先週の土曜日を境になかなか気持ちを保つのが難しくなっています。
 
高校時代、長距離を走っていた時もそうでしたが、最初の1kmは余裕があるので速く走れる。でも、突っ込んで入った次の1kmはペースが遅くなる。それからだんだんと、自分自身の気持ちとの闘いになってくる。
中だるみというのは、ふと力が抜けたあとに力を入れなおすのが難しいものではあるけど、ある意味ではそこを頑張れないとまだまだなんだろうなというのを感じています。
 
毎朝、起きても「頑張ろう」という気持ちで起きれなくて、ついつい何もしたくない、楽していたいという魔が差してきます。こんなとき、包んでくれるひとがいたらと何度妄想したことか。笑
 
きっと、まだこんなことを考えられるのでまだいけるとは思っているのですが。笑
 
こんなのかすり傷のうちにも入らないとわかってはいても、思っていたように結果が伴わないこと、苦しくなってきて燃え尽きそうなことが重圧となって襲ってきます。応援してくれるひとはたくさんいるけど、結果が出ない。どうしたらいいんだろう。今週は月曜日、火曜日と疲れを感じて、何もせずに友達と映画を見たり、ゲームをしたりして過ごしました。水曜の昼は何も考えたくなくて、友達と松島の美味しいカステラ屋さんに行ってきました。
 
結果を求める時期ではないと思いつつも、ついつい結果に一喜一憂してしまうし、まだまだ動き始めたばかりではあるけど、結果がついてこないことに疲労感を感じてしまう。少しずつ前に進んでいる、その少しとちゃんと向き合おうとわかってはいても、自分のできなさ加減に日々憂鬱になるし、恥ずかしくなる。
 
こんなんで、これから生きていけるんだろうかなんて、先のことまで心配してしまう。
 
でも、きのうの夜に一緒に活動している美古都とSkypeMTGをしたときに「そんなに大きく考える必要ないですよ。失敗したっていいじゃないですか。まだ大学4年生ですよ?」って言ってもらえて。
 
本人にしたら何気ない一言かもしれないけど、この子と一緒に活動しててよかったなと思った。
活動休止から再始動の間に先生たちに言われたことと全く一緒だった。
 
「人生長いから。いま成功する必要もないし、今できることを挑戦していけばいいんだよ。」
「成功なんか狙わなくていいんだよ。それよりも、失敗も含めて学んでいくことが大事なんだからね。」
 
そうだった。今は成功することが大事なんじゃない。うまくいくことが目的ではない。
挑戦することが大事なんだった。
 
たとえ、自分の思うようにいかなくても、息が苦しくなりながらもその時出せるベストで走り続ければきっとなんとかなる。
 
そんなことを思えたきのうでした。
 
自分のためだけだったらすぐに立ち止まってるのかもしれないけど、そうやって助けてくれるひとがいるから頑張れるんだなぁというのをここ最近感じてます。
 
好きなことをやっていても、決して楽なだけではない。
でも、好きなことをしているからこそ、そうやって気づかせてくれる人たちっているよなぁと感じた今週でした。
 
この中だるみ、なんとか脱していきたいと思います。
 
===============
Readyforで、クラウドファンディングに挑戦しています。
ぜひ、ご支援をよろしくお願いいたします。
 
『 "ジブンゴトLab"仙台で大学生がActionを起こすための講座を開催! 』