コハタのコトバ

コハタのコトバ

木幡真人の『コハタのコトバ』

相談のってください

自分のなかでずっと自信を失っていた。
 
 
 
好きなことを仕事にしたい。でも、今のこの自分にそれができるんだろうか。

f:id:kotoba580:20160314150938j:plain

 
 
 
 
 
この2年間、もがいて何もできなかった人間が大学をのこり1年足らずで卒業するまでに今やっている活動を仕事にできるんだろうか。
 
 
淡い期待はずっと持っていた。就職するかといわれればそうでもないし、結局のこされた道はそこしかないんだけど、ずっと自信を持てずにいた。
 
 
 
だから、自分は大学院に進学するといってはぐらかしてきた。
 
 
いや、別にはぐらかすために大学院に行くと言っていたわけではないし、こんなことが研究できたらというのは思っていた。でも、深く考えていくと今大学院に行かなければいけない程の想いがあるのか、やっぱり事業にできるか分からないから言い訳として大学院を使っているだけなのかもしれない、そもそも自分は研究サイドにいたいの?と感じた。
 
 
 
結果として、先週先生と話し合って、大学院進学をやめた。
 
 
 
これから進んでいく道は、今やっていることを仕事にしていくこと。稼いでいくこと。
 
 
 
まだ何も保証されていない。お金が入ってくる保証なんてどこにもない。
リスクしかない。周りのひとたちの次が決まっていく中で、自分の次が保証されていないのは自分の中では当然焦りもある。
 
 
 
 
でも、そうしたいとぼんやり思っていたものが、本当にそうしたいものであり、そうでなければ確実にヤバいものになったことはたしか。
 
 
 
そうこう、考えたり、話しているうちにある友達からメッセージがやってきて「これからまちづくりを仕事にしていきたいし、なんならそこで稼いでいきたいよね」とやりとりが始まった。
 
 
 
 
その子が自分と同じことを考えていたからというのもあるけど、久しぶりに純粋にぼくが今やっていることを仕事にしたいんだよねと話せた気がしていて。
 
 
やっぱり、ぼくは仙台を盛り上げたいと思っているし、若者を盛り上げたいんだよねって話をすると
 
「きっとこはたくんなら仕事にできるよ!やろうよ!」
 
と言ってくれて。
 
「できるかどうか分からないと思うより、どうやったら仕事にできるんだろうって考えよう!」
 
と言われて、ハッとした。
 
 
 
 
今までどれだけ、自分が不安に感じているだけで、立ち止まっていたか。
 
 
 
お金を一番上に置いてしまったら本末転倒だけど、やっぱり好きなことを仕事にしたい。
 
 
 
 
ジブンゴトLab.をはじめてみて再認識したのが、自分は確実にこのコミュニティが好きだし、盛りあげたいと思っている。それが自分にとってのアクションだし、仙台を盛りあげるということだと思う。
 

 
保証なんてどこにもない。だけど、それは走り出してみなければ結果も分からない。
 
 
ぜひ、ぼくにアドバイスがあるよ!って方はなんでも教えてください。
あ、あとうちではこんな感じで仕事とか、稼いでるんだよっていうのを教えていただける方がいたらとっても教えてほしいです。